×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



服装について

葬儀に参列する際は、喪服や礼服を着ていくのがマナーです。これは、皆さんご存知な事でしょう。しかしながら、通夜はそうでもありません。一般的に、通夜には礼服ではなく、平服で参列しても良いとされています。

しかしながら、葬儀には参列せず通夜のみの参列にする場合には、出来れば礼服を着て行く事が望ましいと言えるでしょう。もちろん、突然の事で準備が出来ないようであれば、平服でもかまいません。

その際のマナーとしては、派手なものは避け、ダーク系の落ち着いた服装にするようにします。女性は、アクセサリー類を外すことを忘れないようにしましょう。

また、お子さんが参列する場合は、学生ならば学生服や制服で参列するのがベストといえます。制服がないような小さいお子さんは、なるべく黒っぽい服装を着せて参列しましょう。

葬儀・通夜に参列できずに、後日、遺族の家を訪問する場合もあると思います。この場合は、礼服を着る必要はありません。平服で構いませんが、派手な色は避けて落ち着いたもので行くようにします。

葬儀が終わっても、遺族にはやらなくてはいけない事が多く、バタバタしている事でしょう。また、故人を亡くした悲しみも、葬儀後にドッと押し寄せてくるものです。あまり長居しないようにして、お悔やみを申し上げるようにしましょう。

葬儀に関するマナーは昔からのしきたりが多いものです。分からないことは、身内や近所のお年寄りに聞くのも良いでしょう。その土地特有の決まりがあるかもしれません。「郷にいっては郷に従え」というように、その土地の習慣は、守っていきたいものです。



Copyright (C) 葬儀マナー辞典. All Rights Reserved.